ラブ老師のアイドル観察日記

ラブ老師のしょうがない日常を綴る勝手気ままなブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一年の重み

引っ越しの合間に少しだけ個人的な時間が取れたので、
3月5日から見ていなかった「エウレカセブン」を、
最終話まで計6話連続で鑑賞。

えーと、これから先の文章はかなり個人的な感情が混ざりますので、
読まれる方はご注意下さいませ。

最終話まで見てまず思ったことは、
広げた風呂敷をちゃんと整理してまとめてくれたので、
変な不快感が残らなくて良かった。

特筆しておきたいのは、第48話のアネモネの話!!!
テレビアニメであんなに感動したのは久々でした。

空中シーンは、「千と千尋の神隠し」よりも遥かに感動的だった。
そこはやはり2時間で描く物語と1年掛けて積み重ねてきた重みの違いでしょう。

最近1クール(約13話)で終わる作品が多いのですが、
どれもこれもやはり物足りなさや消化不良を感じずにはいられない。
せめて半年、出来れば1年という期間を設けて、
ちゃんとした作品作りの出来る現場を組んで欲しいものです。

アニメ制作現場の意識もそうなのですが、
もっと意識して欲しいのはテレビ局側の方々ですね。

アニメはバラエティ番組と違って、”撮って出し”は出来ないんだよ!!!
アニメ1つの作品に関わってる人間の数だけをみても全然違うし、
作業工程に至っても、作業部署は断然アニメの方が多いわけで、
そう簡単に作れないことを理解して欲しい。

あ、エウレカからすっかり脱線してしまいましたね・・・汗

書き忘れてましたが、
これまた48話の事なのですが、
先ほど書いた空中シーンに繋がる話なのですが、
「ジ・エンド」が自我に目覚め、
アネモネたちを守り抜く自己犠牲の辺りも涙なしでは語れないですね。
「ニルヴァーシュ」の方も、
最後のデザインが個人的に好きではなかった事を除けば、
かなり愛せる機体でしたね。

1年間「エウレカセブン」という作品を支え続けてきたスタッフの方々には、
「有り難う」の言葉を贈りたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2006/04/24(月) 01:21:37|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<結婚おめでとう御座います! | ホーム | 何て事でしょう!!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://takahashilovely.blog55.fc2.com/tb.php/33-52f7d511
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

多機能カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

blogpPet

プロフィール

ラブ老師

Author:ラブ老師

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。